遠隔授業について

G Suite for Educationについて

公開日: 2020/04/30   最終更新日: 2020/07/01 15:06

概要

情報基盤センターは, Google社のG Suite for Education (以下,G Suite) への申し込みを2020年4月に行い, 神戸大学の教職員および学生の皆様がそのサービスを利用できるようにいたしました (教職員アカウント・学生アカウントをお持ちの方が対象で, 一時利用アカウントの方は対象外となります).

G Suiteのアカウントを使用すれば, Gmail, Googleドライブ (容量無制限), Google Meet (ビデオ会議), Google Classroom などのサービスが無償で利用できます. すでに国内外の多くの大学で利用されています.

また,遠隔授業にも活用できます.

なお,各自がG Suiteを利用するかどうかは任意です. G Suiteへの最初のログイン時に,Googleの 「利用規約」に利用者が同意することで はじめてアカウントが作成されます.

なお,情報基盤センターではG Suiteの各種サービスの利用に関するお問い合わせには回答できません. 各自でGoogleの情報を調べることで活用をお願いいたします.

アカウントとパスワード

G Suite for Educationのアカウントについてをご覧ください.

利用上の注意

G Suite for Education利用上の注意をご覧ください.

利用できるサービス

以下のサービスをG Suite内で利用できます. 主要なサービスの利用方法は G Suiteラーニングセンター の「サービス別の学習」で学ぶことができます.

  • G Suiteのメールの送受信ができます.各種サービスの通知が届きます. (詳細)

  • 自分の予定表を作成したり,Classroomの予定を確認できます. (詳細)

  • 動画などを含むファイルを容量無制限で保存でき,他人と共有できます. (詳細)

  • MicrosoftのWord, Excel, Powerpointと同様の文書を作成し,他人と共有できます (容量無制限). (詳細)

  • オンラインチャットが利用できます. (詳細)

  • 250人の会議,ライブストリーミング,録画などが2020年9月30日まで利用可能です. (詳細)

  • 共有ホワイトボードです. (詳細)

  • グループを作成できます.メーリングリストとして利用できます. (詳細)

  • BEEFと同様に利用できるLMS (Learning Management System)です. (詳細)

そのほか以下がG Suiteで利用可能です.

  • contactsコンタクト (連絡先)
    • アドレス帳です.
  • plusGoogle+
    • ビジネス向けのオンラインコミュニティを作成できます.
    • 2020年7月にCurrentsに移行されるようです.
  • siteサイト
    • Webサイトを構築できます.
    • サイト名はグループと同様に部局プレフィックス付きで設定してください.
  • formフォーム (Forms)
    • アンケートフォームなどを作成できます.

以下を含むその他のGoogleのサービスは, G Suite内での利用ではなくGoogleの一般サービスとしての利用になりますのでご注意ください.

  • YouTube
  • ハングアウト
  • Google Colab
    • Jupyter notebookを用いたプログラミング教育

スマートフォン用アプリ

以下をご覧ください.

リンク集

Googleおよびいくつかの大学で有用な情報が公開されていますので,そちらも参照してください.